ページ コンテンツ

一日を24時間で考えない


【一日を24時間で考えない】

心理学講師の中村です。

一日は、24時間です。

これはまちがいないことですね。

で、たとえば英語の勉強をしようとすると、「1日1時間やろう!」と計画を立てますよね。

で、まぁ続かないと。(笑)

なので、たとえば、「24エネルギー」と考えてはどうでしょう。

「1時間使う」ではなくて、「1エネルギー使う」と考えるんですね。

これけっこうおすすめです。

何故これが良いかと言うと、例えば、テレビ観たり、ネットサーフィンに、「2エネルギー」(2時間)も使う、と考えると、すげー損した気になるんですね。

そして、同じ自分の未来のために必要なことをやる際に、「勉強に1時間使う」→(あ〜やだなぁ…)なんですが、「勉強に1エネルギー使う」→(前向きに資源を使えてるな!)って感じになります。

へこんだ気持ちで、不平不満をぐだぐだ言うのに3エネルギーも使っていると、(うわー超むだだな〜)という気になります。

もちろんガス抜きにエネルギーを使うんだ、という意識があれば、無駄ではありません。

ようは、時間を【大切な資源】ととらえるためのひとつの方法です。

ピンと来ない方はスルーで、ちょっとピンと来た方は試してみてください♪

がちで感想お待ちしています!

ありがとうございました、中村でした!(^^)