ページ コンテンツ

時代をかんがえましょう


【時代をかんがえましょう】

心理学講師の中村彦左衛門です!

戦国時代の武将が好きな方は多いと思います、私もです!

彼らの現代にも通用するような考え方、思想、哲学、名言など、

非常に魅力的で大いに学ぶべきでしょう!

しかしですね、一点だけ注意してほしいのは、

あくまでも、あの時代に適応した考え方、というのもある、という事です。

先日の記事で取り上げた、織田信長の、

「臆病者の目には、敵は常に大軍に見える」という名言は、

現代にも通用する、人間不変の心理状態だと思います。

しかし、信長の様に、

「歯向かう相手は徹底的に潰す!」みたいなところまで、

まるごと尊敬しちゃうのは考えものです。

信長に限らず、中世以前の言葉で、

【敵】や【刑罰】に対する色々な考え方全般、

(『目には目を』、とか)

注意が必要です!

かつては、法治国家でもなく、いつ誰かに襲われてもおかしくない、

敵の子供は必ず復讐に来るような時代だったので、

自分や一族を守る為には仕方ない面もあったのです。

時代背景を考えつつ、

有用な考えをどんどん学びたい物ですね!

ありがとうございました、

中村彦左衛門でした!(^o^)

心が軽くなる方法を手に入れたい人はこちら!