ページ コンテンツ

髪を切る際に美容師が考えることとは?


【髪を切る際に美容師が考えることとは?】

心理学講師の中村彦左衛門です!

きょう急に思い立ち、美容室でパーマかけました!

髪を切るのは最高の気分転換ですよね!

美容師さんと色々お話できてたのしかったです!

人の髪を切った事のある方はわかるとおもいますが、

すっごく難しいですよね!

髪を切るってどうするんだ??

実はですね、パターン・型がいくつもあるそうなんです!

美容師の新人はこのパターンを練習して覚えるそうなんですね。

そして、いざお客さんを切る前に、

出来上がり、仕上がりをイメージして、

「頭をAパターン、サイドはBパターンで切ろう」

みたいな感じで、設計図みたいなプランを立てて切るそうです。

今回の髪型、初のツーブロックに挑戦でしたが、

すごく新鮮で気に入っています!

私、両サイドの髪が伸びると富士山みたいに広がっちゃうし、

さらにメガネもかけているのでメガネに髪が引っかかっちゃうので、

そういう髪クセやメガネかけているひとにはツーブロックはオススメの髪型だそうです。

あと、ドライヤーの後の、スタイリング、

美容室だと決まるけど、家だとなかなか決まりませんよね!

乾かし方と、スタイリングについておしえてもらいましたー。

●乾かし方

後ろ: こするように乾かす
サイド: 上から熱風当てて、手を当てて冷ます、スタイリングのもちが違う。
●スタイリング
ちよっとずつつける。
ガバッとつけると、そこだけものすごいクセつく
軽く髪にこすりつけるようにつける
後ろはこすってつけて上に持ち上げて、その後手ぐしで下ろしていく。
少しでも参考になれば幸いです!
ありがとうございました、中村彦左衛門でした!