ページ コンテンツ

極端な考えは役立つけど、取り扱いは注意!


【極端な考えは役立つけど、取り扱いは注意!】

心理学講師の中村彦左衛門です!

極端なもの、振り切ったものは、私たちをふるわせる、なにか…魅力があります。

アイデア出しにも使えます。

101回プロポーズした男ってどんなのだよ、とか。

めちゃくちゃな不良がバスケはじめたらどうなるんだ、とか。

極端というものにパワーがある、しかしパワーはプラスにもなればマイナスにもなります。

冷凍庫には、冷凍食品も、人間も凍らせるパワーがあります。

本来パワー自体には、良いも悪いもないということです。

だから、極端に悲観的な思考の型とかの場合は、うつや不安障害に繋がりやすいので注意です!

で、言葉の話になるんですが、

「自分はダメ、とか終わっているとか、死ぬとか疲れたとか」

消極的な言葉はやめましょう、という事をアドバイスします。

しますが、「言葉くらいでそんな変わるものか」とか、

「言霊とかいうあれですか、そんなスピリチュアルな」とか、

そんなイメージを持っている方も多いのですね。

そんな方は、思考実験をしてみましょう!

極端な、思考実験です。

明日から一ヶ月間、起きている間中、ずーーーーーーっと、頭の中で、

「死にたい私は価値がない死にたい私は価値がない死にたい」という言葉を繰り返し頭に思い浮かべながら過ごす事を想像してみてください。

もしくは一ヶ月間、

一人きりの時はずーーーっと、「疲れたしんどい疲れたしんどい疲れたしんどい」

とつぶやき続けるとどうなるか、想像してみましょう。

もしくは一ヶ月間、ずーーーっと「くそマジ死ねふざけんなぼけマジクソが」的な事を、

ヒマさえあればブツブツ言ってみる姿を想像してみましょう。

どうですか、自分の精神に言葉が影響しないなら、やろうと思えばやれなくないですよね!

これらの想像も実行できそうですよね!

できませんよね!ということは、これらの言葉はマイナスなのだと、誰もが自覚しているはずなんです!消極的な言葉は、弱い毒薬です、いっぺん言った所で目に見える効果はわかりません、そういうときに【極端】に考えて、量をふやすと、「ああこれは毒薬である」と分かります。

「疲れた時に疲れたといって何が悪い!」、

悪くはないんです、ただ疲れた時に「疲れた」と言うのは、

ただ状態を表しているからいいのですが、

人間は、それだけで終わらないのです。

疲れたと言った後に、「ああもうしんどいきつい、やめたい、帰りたい、眠い、つらい」とか、また余計な言葉を追加するのです。

だから消極的な言葉は断然、生活から追い出すことをおすすめします!

ありがとうございました、中村彦左衛門でした!!(^o^)