ページ コンテンツ

直感は大切だけど、すべての【感じ】が正しい訳ではない


【感覚は大切だけど、すべての【感じ】が正しい訳ではない】

心理学講師の中村彦左衛門です!

「直感を信じるべき」「自分の気持ちを大切に」「理性ではなくその時の間隔を」

といった言葉を良く聞きます。一面の真実ではあります、が、当たり前ですが、

人間の感覚、気持ち、感情、直感は、常にそのままあなたそのもの、を表している訳ではありません。人間、すごく素晴らしい事を考える事もあれば、すごくしょうもないこと、すごく卑しい事を考えていたりもします。「それもひっくるめてぜんぶあなただから!」という論理はちょっとおかしいです、だってその時の体調やお腹が減っていたり、寝不足やストレスなど身体の状態が考え方に大きく影響しますし、一日ずっと卑しい気持ちで過ごしちゃったら、「これが私の本質なのか??」ってへこみ要因になっちゃう可能性があります。もっと大切なのは、すべての事柄に意味をつけているのは自分だと気づく事です。ひどい雨、いやなアイツ、暗い性格、きつい言葉、すべて自分が意味をつけています。スゴく単純なのですが、だったら自分の意味づけを変えていけばなんだって解決します。心理学の認知療法は、物事の偏ったとらえ方を修正する事が目的です。フロー理論はより実践的で、特に気持ちに不安を抱えていない方にもモチベーションアップに使えるシンプルにして万能なツールです。ぜひ便利な道具として学び、使ってほしいですね!ありがとうございました、中村彦左衛門でした!

フロー理論を学びたい方はこちらからメルマガ登録しましょう!