ページ コンテンツ

店入った瞬間「しまった!」と思ったときの脱出法


【店入った瞬間「しまった!」と思ったときの脱出法】
心理学講師の中村彦左衛門です!
先日、兄と散歩していて、
昼時だったので、なんか食べようと、
通りがかった定食屋に入りました。
いや、じつをいうと、入る前に、
店構えとかが気になったのですが、
サビてたけど「営業中」という札もありましたし、
ほんの数十年張り替えてない紙にカレーライスとあったので、
「こんちわ〜!」と入りました。
大失敗です。
店を開けた途端、異臭がするんですね。
昔のペットショップみたいな。
店内では50代のおばちゃん二人だけ、
座敷でだべってました。
店員とおぼしきおばちゃんは、
客が来た事がよほど意外だったのか、
「はい?」
といったまま動かない。
こんなとき一番いい方法は、
【駅はどこですか?】
と聞くのが一番です。
でも店は駅前でした!
メニューを気付かれない様に一瞬で把握した後
「ラーメンありますか」、
「ないです」
「あーそっかーどうしてもラーメン食べたくてー。それじゃあ」
と、無事だれも傷つけずに脱出できました。
【メニューにない物を頼む】、のも次善の策。
でももしラーメンあった場合は、
「何ラーメン?」
→「塩」
→「あー残念とんこつしか食べれない」
とか。
ドキドキしますが、これだからブラブラ歩きは楽しいですね!
あなたの必殺脱出テクニック教えてください!
ありがとうございました、
中村彦左衛門でした!