ページ コンテンツ

月面着陸を果たした宇宙飛行士に学ぶ『対応型メンタル』


【月面着陸を果たした宇宙飛行士に学ぶ『対応型メンタル』】
心理学講師の中村彦左衛門です!!
ニール・アームストロングと共に、
人類初の月面着陸をした、
アポロ11号の宇宙飛行士、バズ・オルドリンは、
インタビューの際、こう語っています。
「ロケットに乗った事のない人に良く聞かれる。
『怖くないのですか?』と。
怖くない。怖いのは、何か起こった時だ」

何か起これば、恐怖するのは人として当然です。
しかし、私たちはむしろ、
何も起こっていない事に、
恐怖する事が多いのではないでしょうか。

誰もやった事のない月への挑戦、
成功率は全て未知数、
やる事なす事全てが、
気持ちの持ち方次第で、
全て恐怖の対象に変わります。
でも、月へのミッションで、
バズ・オルドリンが正気を保ってやるべき事を
たんたんとやる事が出来たのは、
「未来に恐怖の意味をつけなかった」からだと思います。

日常生活でも、
未来は恐ろしいもの、と思えば、
未来はすべて、恐怖の対象に変わります。
すべての出来事は不安材料になり、
怒りや憎しみ、悲しみの対象にもなりえます。
気持ちの持ち方、世界のとらえ方で、
すべてが決まります。

当然、毎日何かは起こります。
起こってから、対応すれば良いんです。
この『対応型メンタル』が、
精神衛生上もっとも健全な心の姿勢です。

ありもしない事への恐怖や不安を妄想する、
『妄想型メンタル』が、
人間の精神にとって一番のダメージになります!

毎日を振り返って、
感情が出来事次第になっている方、
ぜひメルマガ登録して、
心理学を無料で学んでください!
恐怖に打ち克つ術がきっと手に入ります!
ありがとうございました、
中村彦左衛門でした!(^^)