ページ コンテンツ

子供と遊ぶ時間に退屈しない方法


【子供と遊ぶ時間に退屈しない方法】

関連動画:https://youtu.be/Vmgp4h4Qf7U

心理学講師の中村彦左衛門です!

子どもと、公園で遊んだり家で積み木やブロックなどして遊ぶとき、

大人は退屈すると思います。

どうやったら退屈せず子供と楽しめるのか、

元保育士の私が考えたアイデアを紹介したいと思います!

(1)退屈の原因を知る
なぜ退屈するのか?

退屈するのは、退屈している時の動作をしているから。
例えば子どもはよくなんかやって「ママ見て~」とか言います。

そしたら、大人達は普通、

にこっと笑ってまたスマホいじりに戻ります。
この動作が退屈している時の動作なんですね。

心理的なアプローチも有効ですが、

動作を変える方が即効性がありますので、

動作を変える、とだけ考えるだけでもだいぶちがいますよ!

じゃ具体的にどんな動作をすれば良いのでしょうか?

(2)とりあえずオーバーリアクション
自分の人生史上最大のオーバーリアクションで対応してみましょう!
コツは両手を広げるなど大きな動きと、顔の筋肉を目一杯使うこと。子どもは大きな動きが好きなので、確実にウケてくれます、するとこっちもノッてきます。また動きと気持ちは連動するので、大げさな動きが、楽しい気持ちを自動的にもたらしてくれます!

(3)自分は3歳だと思い込んでみる
3歳の演技ですね。
3歳だとどんなリアクションするのか思い出しながら、想像しながらやる。
3歳+砂場、
ときたらもうトンネル作るしかないですよね!

しかも大人の企画力・実行力も併せ持つので、

3歳当時には絶対出来なかったパワフルで高度なトンネルが作れます!

(4)ボケ100連発をめざす。
とにかくボケまくる。
「ママ見て~」ときたら、

両手で自分の目を隠して「見てるよー」と返事したり、

別の子に手を振ったり、

「痛い痛い!」といって自分の耳をひっぱったり、

とにかくボケてみる!

子どもはボケたら100%笑ってくれる良いお客さんです。

笑いは、やる側も見る側も最高のエンターテイメントです!

100回やったら達成感もありますし、

ボケそのものが創造性があるので楽しい作業です!

いかがですか?

【その瞬間をいかに楽しむか】にフォーカスできると退屈しないでいいですね!

ありがとうございました、

中村彦左衛門でした!(^^)

<▼アドラー心理学を詳しく知りたい方はこちら!▼>
http://wp.me/P7dId0-hZ

<▼無料公式メルマガ登録はこちら!!▼>

https://brutality-ex.jp/fx30610/form1

<▼LINE@登録はこちら!!▼>

http://wp.me/P7dId0-5l

セミナー情報 (詳細はこちらをクリック♫)】

セミナー内容:気持ちが軽くなる心理学☆アドラー心理学・フロー理論基礎講座

場所:〒123-0842 東京都足立区栗原1丁目3−1
東武スカイツリーライン西新井駅 東口より徒歩3分
ギャラクシティ 地下2階 第1音楽室 「足立心理学協会」看板

人数:限定10名

費用:2,000円

日程・申込

☆☆☆各セミナー限定10名です、お早めに!!!☆☆☆

☆ご参加頂いた方には、セミナー終了後、個別アフターケア付きです!
☆限定10名となっています、お早めにお申し込みください!