ページ コンテンツ

サッカーでクタクタのとある心理学講師による人類史における武器と安眠の可能性に関する一考察


852EEAC3-ACCF-4395-8CBA-3EF9B2E023CC F992CEEE-1442-486C-A04D-0260AC2AA7FB 6CEAEAA8-F789-44B4-816D-6A206FD41E70 CE836B4C-FFCD-43BF-8D9F-C3B73EB89462 C24D2EB2-79CF-4EF8-AA92-4207A222B24B

【サッカーでクタクタのとある心理学講師による人類史における武器と安眠の可能性に関する一考察】

心理学講師の中村彦左衛門です!

今日は急遽、足立総合スポーツセンターで、

ナイターでサッカーしました!

サッカーは大学のサークル以来、10年ぶり!

チームのみなさんは普段からやられている方ばかりなので、

ついていくだけで精一杯でした!

やはり、技術、体力ともに、もっともっとつけたいですね!

あとはなにか武器がほしいな!

武器つながりで、

わたし思ったのですが、

人間が家で平和に暮らせる様になったのって、

人類史で考えると、ごくごく最近で、

それまでは洞窟とかで暮らしてたと思うんです。

ていうことは、寝ている間も、常に外敵の危険性があった。

私の仮説ですが、ひょっとして、

寝るとき、なにか武器を握って寝ていたのではないか??

だから、新聞紙で武器をつくることにしました!

ちょっと自分でも何言ってるのか分かりませんが(笑)、

もしわたしの仮説が正しければ、

究極の安眠アイテムが開発されるかも!!

とりあえず、設計図をつくりましたので、

ひまで溶けそうな時にみてください!!

またおってご報告させて頂きますね!

ありがとうございました!

中村彦左衛門でした!!!(^o^)