ページ コンテンツ

内村航平選手おめでとう!金メダリストのメンタル力


【内村航平選手おめでとう!金メダリストのメンタル力】
心理学講師の中村彦左衛門です!
いや〜すごかったですね、
体操の内村選手!

金メダルおめでとうございます!
まさに金メダルにふさわしい演技でしたね!
内村選手の技術は真似できませんが、
そのメンタル力には学ぶべき点がたくさんありましたね!
惜しくも銀メダルだった、
オレグ・ベルニャエフ選手と比較すると面白いですね!

内村選手は試合後のインタビューで、

「オレグ(ベルニャエフ)が来ていたのは
場内アナウンスで分かっていたので。
最後の鉄棒次第だなというのは分かっていたので、
最後の鉄棒でようやく自分の演技が、
この個人総合でできて、
これで負けても僕は悔いがないという感じで、
オレグの鉄棒を待っていました。
いつもの練習では絶対にミスがなかったので、
その練習だけを信じて、
着地は絶対止めてやるという強い気持ちで、
あとはいつも通りを心がけてやりました」

演技前に、ベルニャエフ選手を気になりつつも、
今やるべきこと、自分のベストを尽くす事に集中できていました。

対して、ベルニャエフ選手は、
スポーツ選手ならば当然ですが、
ポイントはリードしているので、
手堅くミスの無いように、
という考えになったと思われます。

その考え自体は悪くありませんが、
そこにとらわれたまま、
心をを整えないで
そのまま演技に入ってしまった印象がありました。
初金メダルへのプレッシャーも相当なものだったと思います。

精神状態でアウトプットの質が決まる、
という原則が、如実にあらわれた試合結果だったなと思います。

試合後のインタビューで、
記者が内村選手に対して、
審判に好かれているんじゃないですか、
と意地の悪い質問をした際、
オレグ・ベルニャエフ選手は、

「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、
スコアに対してはフェアで神聖なもの。
航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。
それは無駄な質問だ」

と怒ったそうです。
スポーツマンシップあふれる素晴らしい選手です!
ほんとうに紙一重のメンタルの差が、
結果を分けたのですね!

内村選手、ベルニャエフ選手、
素晴らしい演技をほんとうにありがとうございました!

出し切る勇気、
その勇気は、
心が整ったとき、はじめて生まれるものです!

アドラー心理学、フロー理論を通じて、
みなさんも心の金メダルを
めざしていただきたいですね!笑

ありがとうございました、
中村彦左衛門でした!(^o^)/

<▼アドラー心理学 ダウンロード教材はこちら▼>
http://wp.me/P7dId0-hZ

【8月セミナー情報】

内容:気持ちが軽くなる心理学☆アドラー心理学・フロー理論基礎講座

場所:〒123-0842 東京都足立区栗原1丁目3−1
東武スカイツリーライン西新井駅 東口より徒歩3分
ギャラクシティ 地下2階 第1音楽室 「足立心理学協会」看板

人数:限定10名

費用:2,000円

日程:・8月21日(日)18:00〜20:00
http://www.seminars.jp/s/238494

※リンク先よりお申し込みください!

☆ご参加頂いた方には、セミナー終了後、個別アフターケア付きです!
☆限定10名となっています、お早めにお申し込みください!