ページ コンテンツ

超簡単で超効果的な頼み方


【超簡単で超効果的な頼み方】

心理学講師の中村彦左衛門です!

今日は小技をひとつ。

なにか人に頼み事するときは、

そのままストレートでも良いですが、

2つの選択肢を用意した方がいいです。

どっちにしろこっちに有利な選択肢を用意するのがコツ。

たとえば、

「デートに行きませんか」

ではなく、

「「本場広島のお好み焼き専門店」か「産地直送の新鮮マグロ丼のお店」

ならどっちがいい?」

みたいな感じです。提案が通る確率が上がります。

もっとシンプルでいくとしても、

「デート行こう」より、

「土曜か日曜ならどっちがいい?」のほうがまだ可能性が高まります。

上手な頼み方、おぼえておいて損はないですよ。

『人を操作する知識』ととらえると、マイナスイメージですが、

この知識によって職場や家庭で、

コミュニケーションが円滑になれば結構な話です。

結局、どんな道具も技術も、使う人次第です。

アドラー心理学だって、

「ひとに嫌われる事もなんだってやっていいんだ!」

「子供については、もう100%無干渉にする」

とか、誤った解釈をするひともいます。

土台となるものをしっかりと勉強していって欲しいですね!

ありがとうございました、

中村彦左衛門でした!(^o^)