ページ コンテンツ

やろうと思っているけど、なかなか手につかない人向けテク


【やろうと思っているけど、なかなか手につかない人向けテク】

おはようございます!

心理学講師の中村彦左衛門です!

やろうと思っているけど、
なかなか手につかないこと、ありますよね。
やろうと思うけど、
やりたくない、は、
アドラー心理学ではやらない、という
決断していることになります。
とまぁ、アドラーだと長くなるので、
別の心理学アプローチで考えてみましょう。
以前もちらっと紹介した、
ベイビーステップの考えですね。
行動目標を、
インフルエンザで40度の熱の状態でもいける
レベルまで、
ハードルを下げると人間はやります。
椅子に座って、本を開ける、とか1ページだけ読む、とか。
たった1ページ?と侮ってはいけない。
一年で365ページになります。
薄い本なら3冊くらいになります。
今まで本を読む習慣がなかった方は、
ぜひ1ページ読書をしてください。
これだけ注意!
1ページ読み終わったら、
よーしせっかくだから10ページ目標にするぞ!
はやめてください。
自分との約束を破らないこと!
これをやって、6ページくらいで気力が萎えて終わり、
もしくは10ページ無理してやって疲れ果てる、
この結末は絶対に避けてください!
これをやると、自分との信頼関係が失われて、
次に1ページ読書をもちかけても、
「どうせ10ページやるんでしょ」
と断られてしまいます。
1ページを大成功と考えてください。
そして、どうしても2ページ目にいきたければ、
もう子供がチョコ食べた後どうしてもアイス食べたいというから、
仕方ないなぁ、
でも今回だけよ的な感じで許可してください。
2ページ以降は、
いわば野球でコールド勝ちしたけど、
相手チームが後学のために続行お願いしますって
いったから付き合う、くらいに軽く考えてください。
やるイコール燃え尽きるまで、
になってたら、
そりゃ手をつけないのが自然ですよね。
まとめると、
【なかなか行動できない人は、
行動のハードルを極限にまでさげて、
極限にまでさげたハードルをクリアしたら大成功、
その後は優勝決定後の消化試合くらいに考えましょう!】
でした。
恐ろしくながくなってすみません、
ありがとうございました、
中村彦左衛門でした!(^o^)/

【7月に続き、8月セミナー追加しました!】

最新セミナー情報はこちらから!