ページ コンテンツ

【楽しみまくりましょうよ!】


心理学講師の中村彦左衛門です!

毎週火曜の夜にフットサルに行っています。

とにかく楽しいです!

しかし、学生時代にサッカーやってた頃は、

こんなに楽しくなかったんですね、

いやむしろ、

いかに練習をさぼろうか、

そればっかり考えていました。(笑)

「試合に勝てるだろうか」

「レギュラーは取れるだろうか」

「先輩と会うのやだな」

「おれはあいつより下手じゃないか」

「さっきのプレイあり得ない、最低だった…」

結果や過去や未来に心を支配されて、

サッカーをするその時間、その瞬間を、

楽しめていませんでした。

今、その瞬間を大事にしていなかった、

その瞬間に生きていなかった、といっても良いです。

いまは、「今、このとき」という意識で、

楽しんでいます。

シュートが外れても、

まずいプレイをしても、

楽しかったらいいんです。

たとえ、強豪校の生徒さんでも、

サッカーを楽しんでいけないわけがない。

結果が求められる?

と、自分が考えているだけです。

「ミスしたらレギュラー外される」

と、結果に怯えて深刻にプレイするより、

その瞬間瞬間を楽しくプレイした方が、

結果的に良いプレイに繋がりますよね。

楽しむ=ふざける、のイメージになりがちですが、

おちゃらけて、プレイをふざけるのは、

やる前から、

自分の本気の力を出して通用しなかった場合を想像して怖くなり、

いまはふざけてるけど、本気出せばオレは通用する、

という可能性を残しておきたい人です。

真剣に、楽しくやる。

楽しんでいた方が身体的なパフォーマンスは上がります。

仕事だって楽しむべきです、ふざけている訳ではない。

仕事している時間も、人生です、人生は楽しみましょう。

遊び=楽しいと固定しちゃうと、

仕事=つらいになっちゃいます。

楽しめないのは、悲観的な意味をつけているから、

悲観的な考え方をしているから。

アドラー心理学とフロー理論で、

楽しむ人生、はじめましょう!

ありがとうございました、中村彦左衛門でした!