ページ コンテンツ

外部評価重視性ほんとはやりたくないで症!


【「外側に向けたもの」をなくす】
  
どうも、心理学講師の中村彦左衛門です!
   
「人は、自分にだけは嘘をつけない」
 
とよく言いますよね。
 
わたしは、正確には、

「自分に嘘をつくけど本当は自分は知っている」
 
だと思います。 
 
わたしの例で言えば、
 
最初に入った会社がイヤでイヤで、
 
たまりませんでした。
 
だから、会社を辞めたのですが、 
 
この時に嘘をつきました。
 
会社を辞める理由は、
 
「会社がイヤだったから」
 
なのに、
 
【脚本家になる夢】を追いかけるため、
 
と自分にも、周囲にも嘘をついていました。
   
そう言わないとまわりに格好がつかなかったから。
 
うすうす気付きつつも、
 
脚本家めざします。
 
モチベーションは低かったですね、
 
だって本当はなりたくないもんねw
 
そして、小さな賞をとって、
   
いざ、脚本家の仕事が舞い込んだら、
 
わざとプロデューサーと揉めて
 
全力で仕事に結びつかない様に行動しました。
 
自分の道が定まるのが怖かったのですね。
 
じぶんがそんなに望んでない道に。
  
心理学を学んだ今でこそ、
 
なんのテレもなく言えますが、
 
当時に指摘されたら絶対に、
 
みとめなかったでしょうねw
 
もし、
 
いま毎日が、おっくうだったり、
 
モチベーションが上がらない方は、
 
もしかしたら、
 
「外部評価重視性ほんとはやりたくないで症」
 
の疑いがありますので、
 
ちょっと、お風呂でもおトイレでも、
 
一人になれる場所で、
 
『緊急自分会議〜ここだけの話〜2016』を
 
開催する事をおススメします!
 
認めちゃうのが、早ければ早いほど、
 
すっきりするのも早いですよ!
 
ありがとうございました、
 
中村彦左衛門でした!(^o^)/