ページ コンテンツ

頼む力、お願いする力


IMG_3041

心理学講師の中村彦左衛門です!
 
今日は頼む力、お願いする力について。
 
自分の力って
 
本当に小さなものです。
 
「誰の力も借りずに、自分一人の力で生きている」
 
と思っている人は、
 
感謝がありません。
 
服を作った人、コップを作った人、
 
歯ブラシを作った人、
 
食べ物を作った人が居る事を忘れています。
 
わたしたちは、小さな頃から、
 
「自分の事はじぶんでやりましょう」
 
「人に迷惑をかけないようにしましょう」
 
といって育てられてきます。
 
そのせいか、
 
わたしたちは、頼み事が苦手です。
 
努力が足りないとか、怠けているとか
 
迷惑をかけてしまう、とか、
 
とにかく頼み事が苦手です。
 
でも、
 
仕事はとくにそうですが、
 
誰かに頼る、お願いすることって、
 
スゴく多いですよね.
 
だから、
 
いっぱいいっぱいになるまで、
 
自分の限界まで頑張ったり、
 
自分じゃもうこれ以上、
 
方法が思いつかないと、 
 
絶望したりします。
 
なので、
 
提案ですが、
 
普段から、
 
頼み事をするトレーニングをしましょう。
 
ご飯の写真を撮るときに、
 
お店の人にお願いするとか、
 
初めての街でアプリ開く前に、
 
道を聞くとか、
 
服を買いにいって、 
 
店員さんにコーディネイトを
 
考えてもらうとか、
 
本屋さんやレンタルビデオ屋さんで、
 
探している本やDVDを、
 
店員さんにお願いするとか。
 
こういうのは迷惑ではありません。
 
一番の迷惑は、
 
頼むのが苦手で、ひとりで
 
いっぱいいっぱいになって、
 
不機嫌になって、暗く沈んだり、
 
まわりに当たり散らす事です。
 
自分の為にも、
 
周りの為にも、
 
ふだんから、頼む力、お願いする力を、
 
鍛えましょう!
 
ありがとうございました、
 
中村彦左衛門でした!(^^)
 
※写真の大阪城は本文とはいっさい関係ございません(^o^)/