ページ コンテンツ

盆栽50年の名人が悟った3つのこと


m014-172
【盆栽日本一の名人の話】
中村彦左衛門です! 
 
ある本に、
 
盆栽日本一の名人の
 
エピソードがありましたので、
 
ご紹介します。
 
名人は50年間、盆栽を続けて、
 
たくさんの賞を取った方です。
 
彼は、50年間盆栽をやってきて、
 
植物について3つのことが
 
わかったといいます。
 
1 植物は人間が好きで好きで仕方ない。
 
2 人間から「おはよう」「こんにちは」

  と声をかけられるとすごく喜ぶ。
  
3 その2の人から賞賛されると、

  この人の為に死んでもいいくらい幸せになる。
 
わたし、
 
食べながら
 
読んでたので、
 
メシを大量に
 
吹き飛ばしましたが、
  
そんくらい面白かった!
 
もちろんバカにしてではなくて、
  
楽しくなって。
 
こういう話をすると、
 
「スピリチュアルかよ〜」
  
「非科学的」
  
「科学的根拠ないんでしょー」
  
とかダルい展開になりますが、
 
それより、あっさり信じて、
 
「へー面白いね!」
 
と楽しんだ方が良いです。
 
なぜなら、
 
疑う→白けるだけ、べつに面白くない
 
信じる→楽しい、盛り上がる
 
なら信じた方が得です得です。
  
そんなん言うたら、
 
我々の世界が成り立っている事自体、
 
もう非科学的ですからね。 
 
ビッグバンでどういうことやねんw
 
無→有は科学的にありえない…。
 
とにもかくにも、 
 
あやしい壷を買わないくらいの、
 
分別は皆さんお持ちですもの。
 
楽しんだもの勝ちです!
 
あなたは、
 
最近、こういう
 
【見た・聞いた・感じた・考えた】
 
ちょいネタありましたか?
 
ぜひ教えてください!
 
もちろん根拠付きでw
 
ありがとうございました、
 
中村彦左衛門でした!!(^o^)