ページ コンテンツ

ネガティブ感情を30秒間だけ確実に止める方法


【ネガティブ感情を30秒間だけ確実に止める方法】
どうも、中村彦左衛門です。
 
というわけで、
 
マイナス感情にとらわれて、
 
もうあの事が、
 
あの人が、
 
頭から離れなくて、 
 
忘れられなくて、くるしい、
 
寝れない!
 
いやになる!
 
というときに、
 
30秒だけ、
 
確実に止める方法をお伝えします。
 
これ、いまやってみてください。
 
いいですか、
 
頭の中で、
 
自分の名前を、
 
逆さから、
 
読んでください。
 
紙に書いたりせずに、
 
頭の中だけですよ。
 
私のばあいは、
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ですね。
 
大丈夫です、すぐには出来ません。
 
……。
 
できましたか?
 
できましたら、
 
この後、
 
はなくて、
 
すいません
 
もう閉店なんですけどw
 
でも30秒は、
 
あの事から、
 
離れられたんじゃないでしょうか。
 
『30秒だけ離れても、 
 
意味ないじゃん』
 
となった場合ですが、
 
悩むという行為が、 
 
意味ないどころかマイナスですので、
 
悩むより算数のドリルとか、
 
やった方が良いと思います。
 
脳は無意識に落とし込めた事は、
 
並行処理、マルチタスクで出来ます。
 
箸でものをつまみながら、
 
もう一方の手で茶碗を持ち、
 
誰かと喋ることができるのも、
 
箸の技術が、意識を向けなくても、
 
出来るほど習熟したからですね。
 
箸を使った事がない人は、
 
箸を使うだけで精一杯で、
 
他の事は出来ません。

悩み続けるということのは、
 
意識を向け続けているということ。
 
てことは、
 
意識を悩みに向けているのは、
 
自分なんです。
 
いつだって、
 
主導権は自分にあります!
 
もしどうしようもない事を
 
悩み始めそうになったら、
 
「やばい!主導権発動!」
 
といって、
 
踊りだしてください。
 
「カムチャッカ半島を占領する!」
 
とか、

「そのビジネスモデルには致命的な弱点があるよね」
 
とか、
 
絶対一生言いそうにないセリフを 
 
考える時間にするとかでもいいです。
 
楽しくないのは、
 
楽しくない事考えてるからです。
 
楽しい事考えましょう!
 
楽しくなりますから!
 
ありがとうございました、
 
中村彦左衛門でした!(^o^)