ページ コンテンツ

0円で、ドキドキできて世の中のためになる事 その2


【0円で、ドキドキできて世の中のためになる事 その2】
 
こんばんは、中村彦左衛門です!
 
きのうにつづいて、
 
0円で、
  
わくわくドキドキできて、 
 
世のため人のためになって、
 
そんな素晴らしいゲームをご紹介します。 
 
それは、
 
レジで、店員さんと、 
 
宅配便の配達人と、 
 
笑顔で目を合わせて、
  
「ありがとうございます!」
 
と言う事。
 
どうですか、みなさん、
 
普段、会釈ですませてませんか?
 
「もにょもにょ」って
 
口の中でなんかゆった気に
 
なってませんか?
 
普段やってる人はなんでもないですが、
 
目を見るって、 
 
けっこう勇気がいります。
 
コレの報酬は、
 
「私ってスゲーいい人だな!感」です。
 
是非やってみて、 
 
こちらも昨日のゴミ拾いみたいに、 
 
ご報告お待ちしています♫ 
 
やってみて、と書きましたが、 

本当にやんなくてもいいです!
 
ちょっとやってみた自分を想像して、
 
「いやいやドキドキするな!」
  
と思えただけで、
 
ちょっとワクワクできたのなら、 
 
それは心の中で、
 
アトラクションをやったのと同じ、
 
楽しい体験です。 
   
それは、自分の考え方を変えると、
 
状況が変わらなくても、
 
自分の気持ちが変化する、
 
貴重な体験が出来たことになります。
 
心理学って、そういう、 
 
心を楽しくワクワクする技術、
 
ぐらいに考えて頂いて、
 
ぜんぜんOKです!
 
あ、ちなみに、
 
本当にレジの店員さんや、
 
宅配便のお兄さんが、 
 
「このひといい人だ」
 
と思うかどうか、
 
それは100%関係ないです。
 
自己満足です。
 
なんか自己満足って、
 
否定的な意味合いで使われることが、
 
多いですが、これは勘違いしないでください。
 
「それ自己満じゃん」
 
って非難されるべき行動は、
 
相手が解決すべき問題や課題に、 
 
どんどん自分の意見を押し付けたり、
 
勝手に引き受けてやっちゃって、
 
「おれすげーいいことした」
 
って勘違いする、
 
一連の行動と心理状態です。 
 
そのイメージのせいで、
 
【自己満足】自体が、
 
なんだか悪い事の様に、
 
考えられています。
  
本来は他者とはなんの関係もない事柄まで、
 
自己満足を否定してしまう、
 
【いつもいつも、自分も周りも、
 
満足しなきゃいけない】を、
 
行動基準にすると、
 
なんもやる気起きません。
 
不可能です、なぜなら、
 
あなたと、周りの人は、
 
考え方が、判断基準が違います。
 
トマトが好きな人も、嫌いな人もいます。
 
だから、やいやい言う人が、
 
ぜったい居ます。
 
例えば、恒例行事で、
  
「去年の方が良かった」
 
とかね。
 
相手のためって言うなら、
 
なんで言った相手が悲しい気持ちになるんだ、
 
なんで相手のために、
 
言った言葉で、相手が幸せになってねえんだと、
 
へこますだけが目的じゃねえかと。
 
すみません、ちょっと横道にそれましたが、
  
自己が満足してる状態って、
 
幸せを感じてる状態ですよね。
  
満足してる、ってとってもいい事です。
  
「いや〜満足満足」
 
幸せって何かって、
  
幸せだと思っている時間が、
 
長いと幸せです。 
  
かけがえのない今を、
 
目標達成の為の、
 
我慢のときだと、
 
今はつらくても仕方ないんだと、
 
いう生き方は、
 
つらいです。
 
なぜなら、当たり前ですが、
 
つらいと思っているから。
 
どんな生き方も、考え方も、 
 
良い悪いじゃなくて、 
 
その人に合ったものを、 

選択すれば良いと思います。
 
例えば今回の様に、 
 
ちょっとした考え方で、
 
楽しさ、満足感は感じられます。 
 
そういう楽しさを
 
もしあなたが望むのであれば、
 
私にお手伝いできる事があると思います。 
 
ぜひ、下記より、
 
LINE登録して、 
 
実践的な心理学を身につけてください!
 
ありがとうございました、
 
中村彦左衛門でした!(^o^)/