ページ コンテンツ

言葉には2種類あります、ご存知ですか?(^o^)


【言葉には2種類あります、ご存知ですか?(^o^)】
どうも、中村彦左衛門です!

きれいな言葉を使いましょう、

とよく聞くと思います。

私も100%同意見です! 

汚い言葉はネガティブイメージを増幅させ、

きれいな言葉は人間関係を改善します。

例えば、悪いことが起こった時に、

「ああちくしょう最悪だ!」

というと、言葉とイメージは直結していますから、

ただでさえ悪い事が起こっている状況で、 

さらに悪い言葉で気分を落ち込ませ、

状況を悪化させます。

さらにびっくりですが、

脳の古い部分は、

主語を理解できません。

古い脳は、  

「あいつマジでバカだよね」

の【あいつ】が理解できず、 

「バカだよね」と、

全部自分の事と思いますので、

ぜったいぜったい人の悪口はNG。 

なので、

きれいな言葉を使いましょう!

……。

ここまでは、よくある、

【外の言葉】に関する情報です。

じつはですね、 

言葉は外の言葉と、

内の言葉があるのです。

内の言葉とは何か?

思考です。

思考とは、言葉です。

「ああ、腹へったな」
「あの子かわいいな」
「ティッシュ切れてたな、帰り買おう」

とか、

単純な事柄だと

100%明確な言葉ではないですが、

言葉で思考してます。

ティッシュの映像と、

帰り道のスーパーの映像を、 

頭に思い浮かべる人はいません。

「ティッシュ、スーパー」

最低でも単語で考えています。

ここで、汚い言葉がクセになっていると、

とうぜん思考も汚されます。

例えば嫌いな上司について、 

ずっと不満を抱えていて、

何度も何度も、その上司について、

考える度に、

「ああクソ野郎マジ死ねクソがマジで」

という言葉のダメージを

ガツガツ食らっちゃう訳です。

そうならないよーに、

言葉に気をつけましょう!

外も、内も、いい感じになってきますヨ♫

ありがとうございました、

中村彦左衛門でした!