ページ コンテンツ

残業しないで通常の3倍の成果が上がる時間術/箱田忠昭


記事No.12
書名:残業しないで通常の3倍の成果が上がる時間術
著者:箱田忠昭
内容:ビジネス

<付箋を貼ったトコ>
◆P156:翌日やることは決めておく
アメリカの鉄鋼会社ベツレヘム・スチールの社長がコンサルから受けたアドバイス【寝る前に、翌日やらねばならない事を6つ思い出せ】→【翌朝、1から6まで優先度の高い順に白い紙に書く】→【会社に付いたら1つ目を全力で終わらせる、次に二番目と順番にやっていけばよい】Q:もし6つ終わらなかったら?A:心配要らない。大事な事はもう終わっているから。→社員全員実行→有数の鉄鋼会社に成長!
◆P190:ペップトーク:目標を書いたものを、声に出して読み上げることをペップトークという。ペップの意味:元気づける。
自分の目標を声に出して読み上げ、気合いを入れて、自分自身を奮い立たせることができる。

◆P200:能率の良い勉強法
ドイツの心理学車へルマン・エビングハウスの「忘却曲線」について。人は学習して1時間後に56%忘れている。つまり、学習直後の復習を行うと、80%をキープできる。さらに記憶には、繰り返しが有効。6がマジックナンバー。6回繰り返すと間違いなく記憶が定着する。

<一言要約>
・人生目標の設定と管理、時間管理について著者が行って来た具体的な方法がたくさん載っています。どれも実戦して来た野田と思わせる説得力と有効性がありますので、流し読みしてちょいちょい取り入れてはどうでしょうか。

・アマゾンURL:http://amzn.to/1WC4SpA

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※上記内容はメルマガ『起業のための長短書評』で発信しています。ご興味がありましたら下記URLよりご登録をお願いします。(メルマガには『今日の一言』もついています)
登録URL:http://www.mag2.com/m/0001653290.html

<もう一言二言要約>

この本の一番面白いところに、クジラ千分法、というのがあります。

クジラ一頭をたべる、という目標は途方もなく感じられるが、冷凍して毎日200gのステーキで食べていけば、いずれ平らげてしまう。小さな積み重ねというと陳腐ですが、たとえば英単語2000語覚える、という大目標も、行きの通勤電車で5語、帰りで5語の一日10語で覚えていけば、200日で達成しますということらしいです。まぁ何事も継続は力なり、ですねえ。ホンマに。

今回のメルマガの一言ようやくにも書きましたが、12月12日に東京北千住でセミナー行います。人生初セミナーで、実は内容決めていませんが、もしご興味ある方がいらしたら、コメントください!