ページ コンテンツ

5つのメリットを活かした?のようで本当な飲食店開業法 トレーラーハウスという選択/南木 政人


記事No.5

書名:5つのメリットを活かした?のようで本当な飲食店開業法 トレーラーハウスという選択

著者:南木 政人

内容:ビジネス



<付箋を貼ったトコ>

・P52:トレーラーハウスを(飲食店として)活用する5つのメリット

 1、狭い土地、市街化調整区域に建物を建てられる為安く土地を購入、借りられる。

 2、建築確認不要のためスムーズな開業できる。(最短1ヶ月)

 3、固定資産税、自動車税も不要なので支出削減できる。

 4、店舗をそのまま移動できるため立地状況の変化に対応可。

 5、中古で転売可能、万一閉店した場合も第三者に売れる。



・P62:代々木駅4分の狭小地を賃料6万円で借りてイタリアンテイクアウト店を建てたケースの紹介。

  トレーラーハウス代300万、厨房設備100万、その他費用合わせ450万。

  これにP65の上下水電気等インフラ工事で80万加え、合計約530万。



・P136:業種事例:ラーメン、居酒屋、イタリアン、カフェ等飲食店。

         パンケーキ、クレープ、弁当等テイクアウト店。

         美容室、エステ、マッサージ、ビジネスホテル等サービス業。

         診療所、薬局等医療施設。

         動物病院、ペットホテル等ペット施設。

         コンビニ、雑貨、靴屋、サーフショップ、花屋、レンタカー等店舗全般。
<一言要約>


飲食店を出すのに1000万くらいかかることを考えると、移動可能店舗というのは魅力。

でも現金のない人には融資の問題がある。トレーラーハウスでは融資おりないが、土地担保ならいけるのかな。

・アマゾンURL:http://amzn.to/1Fv0G7n

===========================================================================
上記内容はメルマガ『起業のための長短書評』で発信しています。ご興味がありましたら下記URLよりご登録をお願いします。
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001653290.html
<もう一言二言要約>
固定店舗でも移動販売でもなくトレーラーハウスというやり方を示した本。
参入しやすさでいえば、こんな感じでしょうか ↓↓↓

【 固定店舗 < トレーラーハウス < 移動販売 】
借りた土地で移動販売車を営業しているケースもあるので、基本的な思想は移動販売車と変わらりません。
トレーラーハウスで営業、というスタイルが世間に定着していないので、転売で買い手がつくのか。
また市街化調整区域への出店については、将来的には規制の対象になると思います。
とはいえ固定店舗出すよりは土地借りてトレーラーハウスがいいなぁと思わせる本です。でも融資どうなんだろ。

・アマゾンURLhttp://amzn.to/1Fv0G7n