ページ コンテンツ

つまようじ法で歯も体も健康/渡邊達夫


記事No.4
書名:つまようじ法で歯も体も健康
著者:渡邊達夫
内容:歯磨き方法

<付箋を貼ったトコ>
P83:「つまようじ法」による歯の動揺(ぐらぐら)の改善実績
P87:歯肉に刺激を与える「つまようじ法」のやり方。歯ブラシを歯と歯の間に入れて10回~15回出し入れする。上の歯は毛先を下に向け、下の歯は毛先を上に向ける。裏側も忘れない。
・P93:つまようじ法の歯周病予防・改善の効果について。歯垢除去より効果がある。
P95:人間は柔らかい食事をするようになって歯周病が増えたので、歯磨きで歯肉を刺激する必要がある。
P116:虫歯予防には1日2回の歯磨きで良い。
P126:子供の虫歯予防方法。
P136:虫歯予防方法。砂糖を取らない(ジュース、スポーツドリンクは特にダメ)、フッ素入り歯磨き粉の使用。
P146:おやつ=甘いものではなく、10時と15時の食事と捉える。甘いものでなく前日の食事の残りなどを与える。
  

<一言要約>
・歯周病=歯垢が原因ではない。歯肉への刺激が予防、改善に効果的。

・アマゾンURLhttp://amzn.to/19RmFrV
===========================================================================
※上記内容はメルマガ『起業のための長短書評』で発信しています。ご興味がありましたら下記URLよりご登録をお願いします。(メルマガには『今日の一言』もついています)
 
登録URL:http://www.mag2.com/m/0001653290.html

<もう一言二言要約>
 ・前回紹介した歯周病が3日でよくなる除菌歯みがき健康法』では、歯垢除去に主眼が置かれていましたが、この本は歯肉のマッサージが歯周病に最も効果的であると指摘されています。
こんな時我々は『どっちが正しいんだ!?』と思いがちですが、悩むことはなくて、どっちもやればいいんじゃないでしょうか。
 またこの本でも歯磨きは1日に2回で良いと書かれています。


・アマゾンURLhttp://amzn.to/19RmFrV