ページ コンテンツ

明日から「朝型人間」になる!/美波紀子


記事No.2
書名:明日から「朝型人間」になる!
著者:美波紀子
内容:早寝早起き
<付箋を貼ったトコ>
・P41:目覚めたら「フウウー!」「フウウー!」と5~6回大きく長く息を吐く。「もうちょっと寝たい」とか思いながらでもこれをやるとスッキリ目覚める。
・P64:早起きすると痩せるホルモン「レプチン」が増加、太るホルモン「グレリン」が減少、してダイエットできる。
 「レプチン」の効果:食欲を抑制、エネルギー消費効果増大。睡眠不足で減少する。 
 「グレリン」の効果:食欲を増進。睡眠不足で増加する。
・P96:アラームの多用は心身を疲弊させる。
・P105~112:レム、ノンレム睡眠について。
 レム睡眠:浅い眠り。脳波が覚醒時とほぼ同じなので、レム睡眠時に起きるのが良い目覚めのコツ。
 ノンレム睡眠:深い眠り、細胞修復、ただし深い眠り=良い眠りではない、ずっと続けば死ぬので、レム睡眠が必要。
 朝方に近づくと、レム睡眠時間が長くなる。
 ・P113:5時間睡眠より8時間睡眠は死亡率10%高い。
    7時間半睡眠に比べ5時間睡眠は肥満になる確率50%アップ、4時間睡眠は75%アップ。
・P116:4~6時間睡眠者は脳機能低下、アルツハイマーリスク、メタボリスク高まる。
・P120:7時間睡眠が前半にノンレム睡眠、後半にレム睡眠がバランス良くとれて心身の健康によい。
<一言要約>
前回の超朝活法 でも指摘された7時間睡眠が本書でも理想的とのこと。これは7時間睡眠がベストと考えて間違いないですね。
早寝早起きの理論と具体的なやり方が書かれた良書です。
・アマゾンURL:http://amzn.to/1MVywD5
===========================================================================
※上記内容はメルマガ『起業のための長短書評』で発信しています。ご興味がありましたら下記URLよりご登録をお願いします。(メルマガには『今日の一言』もついています)
 
登録URL:http://www.mag2.com/m/0001653290.html
<もう一言二言要約>
 ・前回の超朝活法 でも指摘された7時間睡眠が、本書でも研究結果とともに支持されています。
90分という睡眠単位にレム睡眠とノンレム睡眠が45分ずつセットされている、というのは間違い。(P107)
圧倒的にノンレム睡眠、脳が寝ている睡眠が長いんですね。
で、朝方にかけて徐々にレム睡眠の時間が長くなってくる。
短時間睡眠の弊害は、まず、スッキリ目覚めるために最適なレム睡眠の時間が短い為(最初の90分だと僅か5分)その時間帯に合わせることが困難だということ。
朝起きる辛さは、脳が寝てるのに起きようとするからつらかったんですね!
そして上記で説明したとおり健康には7時間の睡眠が必要であるということですね。
6時に起きたいなら11時、5時おきなら10時に寝ればいい。
単純ですがこれが睡眠の真理みたいです。

・アマゾンURL:http://amzn.to/1MVywD5