ページ コンテンツ

超朝活法/久保田競


記事No.1
書名:超朝活法

著者:久保田競

内容:早寝早起き


<付箋を貼ったトコ>

・P29:7時間睡眠の人が最も死亡率が低い。(アメリカでの100万人調査結果。シンガポールでも同様の結果:人種関係ない)

・P57:心地よい睡眠の秘策→ランニングする。

・P69:いつランニングする?夜30分程度、晩ご飯前、寝る一時間前に走り終える。→ストレス解消+ぐっすり睡眠
・P110:腹七分目が体に最適。通常のカロリー摂取量7割の猿の死亡率は1/3に減少した。(20年の研究結果)
・P165:ストレスに打ち勝つ科学的に実証された方法3つ。7時間睡眠、運動習慣(上記ランニングの様な)、健康的な食事
・P172:よく言う90分単位で睡眠取ると良い→他の活動にもあてはまる、効率が良い。90分読書後は90分書き物する等。


<一言要約>

・夕方ランニングして早寝早起きすると脳にも睡眠にも健康にも良い。朝の時間は効率良いため知的な生産活動に費やした方が良い。
アマゾンURL:
http://amzn.to/1EwoBxs

===========================================================================


※上記内容はメルマガ『起業のための長短書評』で発信しています。ご興味がありましたら下記URLよりご登録をお願いします。(メルマガには『今日の一言』もついています
 
登録URL:http://www.mag2.com/m/0001653290.html

<もう一言二言要約>

・脳科学おばあちゃんの旦那さんの学者さんが書いた本です。ランニング最強らしいです。
あと、「何時に寝なさい」とは言いません、それぞれ生活スタイル違うから(P91)、という言には納得。
とにかく7時間摂れれば良い、昼寝、週末の寝ダメで+してもいいとのこと。(P32)
ランニングは朝のゴールデンタイムより、仕事終わってから家でぼおっとリラックスしている時間を使った方が確かにお得ですよね。
とにかくランニング最強ですね。

アマゾンURL:http://amzn.to/1EwoBxs